このサイトは旧サイトです。新サイトはこちらになります。 https://plantation-watch.jp

日本企業に求められる取り組み

IMG_2077

プランテーション開発に関わる様々な環境・社会問題は、プランテーションの産物を調達している企業にとって、大きなリスクです。土地を巡り住民との紛争が起きている地域や、泥炭湿地林をはじめとする保護価値の高い地域を開発して生産された原料を使い続けることは、環境・社会に配慮したCSR調達をめざす企業にふさわしい行為とはいえないでしょう。

人権侵害や温室効果ガスの排出、生物多様性の損失に結びつく可能性があるプランテーション産物を調達するリスクを避け、環境・社会に配慮した製品を消費者に届けるために、企業が出来ることとして、例えば以下が挙げられます。

aa

パーム油の調達についてはさらに以下があります。

aa_2

紙についてはさらに以下があります。

aa_3

熱帯プランテーションの現場には環境、社会問題が少なからず存在すること、調達にあたっては十分な配慮が必要であることを、ユーザー企業が認識することが、CSR調達の第一歩です。責任ある消費国、企業としての姿勢を明確にし、サプライヤーを通じてサプライチェーンのより上流へ向けて、持続可能な調達を行う意思を伝えて行く必要があります。

法の遵守

関連する記事